FXでシステムトレードをする

FXのトレードのやり方によってシストレというのがあります。これはシステムトレードと呼ばれるものであり、裁量トレードの反対にあるようなものになっています。
裁量トレードというのは自分で決めて自分ですべてを行うという取引のことであり別にFX に限ったことではないのですが大抵の取引というのはそういうやり方をするわけです。
しかし、FXにはシステムトレードというのがあります。プログラムによって継続的に取引を行ってくれるというものでありこれは感情に左右されることなく、その取引のルールを着実に実行してくれて24時間やってくれるようになります。
日本の国内株とかそういうものであれば、市場が開いてる時間というのがはっきりしているわけですがFXはまさに24時間の市場になります。
ですからFXの場合、スプレッド狙いでもない限りは保持しておくということよりもとにかく取引を繰り返して利益を出していくということが重要になります。特に損切に関するルールをしっかりと決めておくということが重要になるわけですがそれをシステム的になってもらうということができるのはシステムトレードになります。
FXには様々な手法があるのでシステムトレードではそれらの手法をプログラミング化させて自動的に行わせるということができるわけで、極端なことを言ってしまうとFXの知識がない人でもシステムトレードのプログラムさえ手に入るのは誰でもできるようになるということになるわけです。
しかし、知識がないのにあるということは別にFXに限ったことではなく、お勧めできることではありませんから、それなりに勉強はしておいた方が良いと言えるでしょう。
FXのことを理解するのに大事になってくることは円安と円高という二つのキーワードです。円安とはドルに対して円の価値が安くなることであり、円高とはその逆ということになります。経済的に見ればどちらが良いのかということで適正な円とドルの力関係の比率はどのくらいであるのかということもあったりするのですがFXにおいてはそんなことは関係ないです。
高くなる、低くなる、強くなる、弱くなるということは予測することではあるのですが、それによって良し悪しがFX取引において絶対的にあるわけではないです。大事なのはどちらに傾くのか、ということを予想することにあるといえるでしょう。どんなことがあれば円安になるのか、円高になるのか、といったことを知るのには価値があります。